タイ古式マッサージとは

タイ古式マッサージの始まり

タイ古式マッサージとはお釈迦様の主治医だったと言われるシワカ・コマラパ師が2500年前にインドからタイに伝えた伝統医療が元になっていると考えられています。現在ではバンコクのワット・ポーを主体とするセン押し(経脈への指圧)中心のバンコクスタイルとチェンマイで広く行われているゆったり全身使った押圧&ストレッチを中心とするチェンマイスタイルが有名です。

タイ古式マッサージの効果

タイ本国では現在もタイ古式マッサージは民間療法として広く活用されています。実際、タイ衛生省が認めるタイマッサージの効果は60以上にものぼります。

タイマッサージの効果

高血圧、冷え性、便秘、アレルギー、頭痛、糖尿病、生理不順、風邪の予防、低血圧、食欲不振、喘息、貧血など、60種類以上

バーンラックのスタッフ

バーンラックのスタッフはタイでの研修済みスタッフを中心に、伝統的なタイ古式マッサージの手技を取得済みです。さらに、適圧&適確にジュ(ツボ)を捉える技術に関して入店後トレーニングを受け終了しています。

さいとう

タイ人直伝のタイ式と整体施術とのMIXで様々な悩みにお応えします!陰陽五行マッサージ、足技も得意!是非癒されにいらして下さい!

福地 あい

オイルマッサージ施術出身です。強めのオイルマッサージご希望のお客様ぜひいらしてください!絶対満足させて見せます!!

山口 里央

強めの施術得意です!とことんお客様のお体に向き合うのが私のモットーです!ちなみに趣味はドラッグストアめぐりです!

バーンラックスタイルタイ古式マッサージ

日本人の身体、環境に合わせたタイ古式マッサージの開発

バーンラックでは日本人の身体に合った施術を目指して、タイ古式マッサージのさらなる進化を日々研究してきました。その方法の一つが伝統的な整体法(野口整体)との融合です。

整体法と伝統的タイ古式マッサージの共通点

整体法ではツボの事を『活点』と呼びます。一方でタイ古式マッサージでは『ジュ』と呼びます。実はこの活点とジュは極めて類似性が高いのです。

整体法とリラクゼーションとしてのタイ古式マッサージの相違点

整体法では身体をよく観察し、本当に必要な活点1つへのアプローチにより自然治癒力の回復を目指します。一方で日本において、リラクゼーションとして発展してきたタイ古式マッサージでは、全身のジュへのアプローチにより深いリラックスと自然治癒力の回復を目指します。

私達が取り入れているアプローチ

私達はこの2つのアプローチを融合する事で、リラクゼーションを通じて、お客様のお体の回復力を高めるお体へのお手伝いをしたいと思っています。そのため、以下にあげる整体法のアプローチを取り入れています。

私達が整体法から取り入れているアプローチ

・お腹と背骨を通じたお客様のお体の観察法(原因の追求)
・背骨、骨盤、頭蓋骨の観察・調整法
・日本の環境に応じたお体の観察・調整法

『指圧』『矯正』『ストレッチ』

バーンラック式タイ古式マッサージの特徴を3点紹介させていただきます。

深く心地よい持続圧

深い持続圧

施術前の問診、お体の観察、腹診に基づき、ご希望の箇所はもちろん、辛さの原因となっているジュ(活点、ツボ)へ適確にアプローチ。深い持続圧で痛気持ち良く響きます。

適度なストレッチ

タイ式ストレッチ

タイ式には100を超えるストレッチ手技があります。経験豊富なスタッフが、お客様のお体に合わせて無理なくストレッチを行います。筋膜のよじれや、リンパの詰まりを効果的に改善していきます。

バキバキしない優しい矯正術

バキバキしない骨盤矯正

腰は身体の中心。歪みは全体に波及していきます。お体の状態、季節の変化に応じて。『骨盤』『背骨』『鎖骨』『股関節』等の矯正を行って参ります。どのアプローチも無理な力を加えたり、バキバキする事なく優しく整えていきます。

ぜひ一度お試しください。

これまで、様々なお客様にご満足頂いてきた私達の施術。まずは、一度お試しいただければ幸いです。皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。